自分の凝り固まった考えが解凍される感じ

「みんなから褒められようとしてるよね」

彼女から言われたとき衝撃だった。

自分で分かってても変えられない核心を突かれたからだ(笑)

 

でもその瞬間、脳みその硬い膜が剥がれたような感覚だった。

皆にいい顔するために生まれてきたわけではないんだなあと思った。

会社を辞める前、自分の違和感に気付いていた。

 

自分の意見が出てこなくなっていたのだ。

「○○さんも言ってたけど」と体が反射的にそうなることが多々あった。

 

誰も何も言ってないのに気にすることが多すぎた。

 

まだ、解凍は続きそうだが毎日新鮮で楽しい。